« スタッフブログ 一覧へ

新築時の外構業者の選び方。




忙しくしているうちにあっという間に11月も後半ですね。


今年も結局、夏も秋も忙しくて、のんびりしている暇はありませんでした。


まぁこのご時世に暇にしててもどうすんだって話なんですけどね。


「新築時の外構業者の選び方」


ですが、色々なメーカーさんや業者さんと話していると、


浜松くらいから東と、西で大きく変わっているようです。


最大手のメーカーさんのリクシルさんでも言っていたのできっとそうなんでしょう。


東日本はハウスメーカーが紹介してくれる業者さんで進んでいくことが多く、


西日本はハウスメーカーとは別に、業者さんを探すのが一般的らしいです。


新しいTVや洗濯機などを、好きな電気屋さんで買うのと同じですね。


これは狭い日本といえども、各地で色々な風習があるのと同じように、なんで?っていう理由はわかりません。


ただ、一つ言えるのは、直接お客様と交渉している(複数の業者さんと切磋琢磨している)


西日本の業者さんの方が、東日本に比べてレベルが高いと思います。


もちろん東日本にも良い業者さんは沢山いますよ。


この数年は関東でも直接お問合せを頂くことも多いですが、それこそ10年前では皆無でした。


HPの普及とかもありますが、それだけじゃないですね。


長くなりましたが、良い業者さんの選び方ですが、出来るだけ下請け体質じゃない業者さんが良いと思います。


ひとつ、ふたつの元請けさんからの仕事ばかりしている業者さんは、仕事の仕方がハウスメーカーよりになります。


自然とお客様よりもメーカーさんよりの立場に寄って行ってしまい、お客様に不利益なことでも、気づいて教えてあげることが出来なくなります。


逆に色々なメーカーさんや工務店さんとの仕事をしている業者さんは、業界の事を色々なところから聞いているので


様々な対応を知っているし、取ることが出来ます。


ハウスメーカーの紹介だと、単純に値段が高くなると言われますが、


それはある意味、安心代ととらえることが出来ると思います。


いきなり知らないブロック屋さんに問い合わせとか普通できないですよね。


なので、ハウスメーカーさんからの紹介は受けておいて、それとは別に、HPなり、DMで探した業者さんに


相見積を取るのがいいと思います。


相見積はなんとなく悪い気がすると思いますが、そんなことはありません。


ただ、すでに決まっているのに相見積を取ったり、いきなり連絡が取れなくなるのはダメだと思いますが・・・


「いいデザインの提案をしてほしい」 「もう少し値段を抑えるアイデアが欲しい」


「自分で出来る部分は自分でやってみたいので、やり方を教えてほしい」


皆様、家を建てるという重労働の中で、全く知らないことを決めていくのは大変です。


なので、一日、二日時間を使って何社かの話だけでも聞いてみるのがいいのではないでしょうか。


長くなったので、とりあえずここまでにしておきます。


まだまだあるので、続きを早めに書きます。


それでは!

« 前の【】を見る  |  次の【】を見る »

« トップページに戻る

ブログカレンダー
<   2013-11   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930