• ホーム
  • スタッフブログ
  • 設計GLの注意点。
  • 設計GLの注意点。

    2012_0207_161941

    設計GLって大変なんです。

    隣地との高低差も考えないといけないし、水害がある場合はなるべく上げたいですよね。

    最近はゲリラ豪雨とかも多いですし。

    でも、安易に決めてしまうと、最後の仕上げの時に問題が起こります。

    上の写真は最近の現場なのですが、駐車場の為に土を漉き取ったところ、雨水の配管が露出してきました。

    また、隣地との境界ブロックもベース部分が出てしまっているので、このままだと、駐車場を一段上げて施工しなければなりません。

    配管の方は、設計GLと前面道路に合わせて、深基礎仕様にすることで下げることが可能ですが、隣地のブロックは既存の物なので、補強するしかありません。

    納めかたは色々現場の状況をみて判断します。
    2012_0207_161948


    こちらの写真の部分も花壇のスペースの予定だったのですが、配管がでてきてしまいました。

    うまく対処できればいいのですが、重機で配管を壊してしまったら大変です。

    出来るだけこういうことは避けたいので、建築会社さんに、事前にある程度の外構計画を話しておくと後々、余計な費用が発生しなくなりますね。

    « 前の【】を見る  |  次の【】を見る »
  • ホーム
  • スタッフブログ
  • 設計GLの注意点。

  • ブログカレンダー
    <   2012-02   >
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829